【上海へ①】LINEもインスタも使えない?!ノーSNS上海ライフ

2019/09/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

この上海旅行を決めたのはいつだったか。。。

その時にまさか私が無職になっているなんて、誰が予想できただろうか?笑

まぁ、無職とはいっても今は有休消化中なので、働いているのと一緒。

という誰に対しての言い訳なのか、おそらく人生最後であろう上海旅行を満喫してきました。

 

9月13日(金)

14:15 AIRCHINA CA405

勤めていた会社の中国法人のスタッフに会う予定があったので、手土産を買いに三越経由でセントレアへ。三越で栗きんとんを購入。空港行きの電車に乗るために地下鉄で金山へ移動。地下鉄で座っていたら、向かい側に座っていた外国人のおじいさんに声を掛けられる。

『もしかして、空港へ行きますか?空港行きの電車に乗るためにはこれで合っていますか?』

『はい。この地下鉄で金山へ行き、乗り換えます』

『よかったら一緒に空港へ行ってくれませんか?』

『いいですよ』

地下鉄から名鉄の乗り場へ一緒に向かいました。そして切符を購入します。そのおじいさん(ダニエルさん)、領収書が欲しいといったので窓口でセントレア行きの切符を購入。窓口のおばちゃんに領収書が必要と伝え、お支払いの段階になってダニエルさんがポケットから小銭をジャラーン。500円玉×1枚と100円×1枚、10円×2枚あと1円玉数枚。全部で600円ちょっと。金山から空港までは¥810円。足りない。。。ダニエルさんはクレジットカードを出します。すると…「カード払いはできません」と衝撃の答え。「え。。。」じゃあ、足りない分はどーする??

こうゆうとき、普通の旅行者ならどうするんだろう?数百円足りないがために、キャッシングをするんだろうか?そしたらまた小銭がじゃらじゃらできてしまう。でも、切符を買わないと空港に行けないし、駅でクレジットカードが使えないのは普通なんだろうか?

結局、足りない分は私が足して事なきを得たんだけど。。なんだか腑におちない出来事だった。無人の小さな駅でもあるまいし、名鉄、JR、地下鉄、3社も乗り入れている総合駅なのに、こんなに大きな駅なのにカードが使えないなんて。しかも空港行きの電車も出ている。のに、カードが使えないなんて。。。この後、上海でのキャッシュレス社会を経験し、日本の遅れを実感してきたのです。

あ、言い忘れていますがダニエルはメキシコ人です。スペイン語なまりの英語でかなり聞き取りづらかったけど、電車の待ち時間を含むセントレアに着くまでの1時間弱、つたない英語でなんとか間をもたせることができました。やっぱり語学は大事です。

セントレアに着いてもダニエルはコーヒーやらワインやらおごらせてくれと言い続けましたが、友達が待っていると(←ホント)必死に断りました。外人てすごいのは、こんなに会話が続かないのにお酒を一緒に飲もうとするその勢いを見習わなくてはと思いました。

AIRCHINAはFカウンター。今回一緒に行く上海人ファミリーと合流。中国便はいつも大行列。おまけに日本から中国への便はみんな大荷物。大きなスーツケースを平均2個。あと大きな段ボール。みんな日本での戦利品。何が良くてそんなに大量に買っているか聞いてみたい。

上海までは約2時間半のフライト。時差は1時間。

 

LINEが使えない!!

空港に到着してすぐにフリーWi-Fiを繋いだ。何通かLINEの新着メッセージ。未読表示もある。ところが、いざアプリを起動してもメッセージが見れない。というか届いていない。新着メッセージがあるという通知だけで、内容までは見られないのです。何か他のアプリ経由でなら見れるみたいですが。。。上海へ旅行した際は気を付けてください

 

INSTAGRAMも見れません

上海には映えスポっとがたくさんあります。が、それをタイムリーにインスタにアップできません。見れないんです。インスタが。これも何か他のアプリとかを経由すればできるとのことなんですが、その情報をもっていかなかったので、写真をたくさん撮りましたが、何一つアップできませんでした。。。

 

Yahoo検索もできません

中国でGoogleが規制されているのは有名なはなし。それならyahooはどうか。yahooも同じです。検索ができません。だから中国ではほとんどスマホは役に立たないんです。カメラ機能くらい。かな。

 

クレジットカードも使えない??

キャッシュレス天国の中国。日本より相当進んでいます。屋台のような個人商店には必ずといっていいほどQRコードが貼ってあります。ただ、このQRコード決済。観光客にはハードルが高いようです。まず、アプリをダウンロード。これはできます。問題はチャージ。一般的な中国人は銀行口座が紐づけしてあってお財布ケータイのように使います。もちろん中国の銀行です。観光客が現地の口座を開くことはまずもって不可能です。どうしても使いたい場合は、中国の口座を持っている人に現金を送金してもらいます。小さなお店だと今はこのQRコード決済か現金でしか買い物ができません。日本のように観光客の支出をあてにしなくても全く問題ないということですね。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ぽちぽち歩こ , 2019 All Rights Reserved.